Interview

Scroll 水墨による雲

Profile

小椋拓海氏

小椋拓海(おぐら たくみ)さん
アメリカンフットボール選手
1996生まれ 大阪府出身
学生時代は関西学院大学で日本一を2度経験。卒業後富士通フロンティアーズでプレー、2020年日本代表に選出。現在はNFLを目指し、海外挑戦中。

Q: 英語を学ぶ目的を教えてください。

NFL(米国の世界最高峰リーグ)でプレーするのが夢です。
学生時代にメキシコ遠征や米国のプリンストン大学と交流試合をしたことがあって。
それ以来ずっと海外でアメフトをしたいという気持ちがありました。
社会人になってからより強い気持ちになって。海外でプレーしないと引退できない。
言語の壁は避けられない。
行ってからなんとかなると思っていたけどそんな甘いものではないと気づいて、
今年で完璧にするつもりで今は勉強に励んでいます。
まずはカナダ、ヨーロッパのリーグでアピールしてチャンスを掴むつもりです。

Q: HITGLISHに出会うまではどんな勉強方法でしたか?

独学でインプット中心でした。
中学で習ったことを中心に復習したり、参考書を読んだり。
でもこれ使うのかなと懐疑的な思いで読んでたり、
アウトプットの場所がなくてこれで本当にいいのか不安でした。

Q: HITGLISHを始めて変化はありましたか?

めちゃくちゃ変わりました。
勉強すべきことが明確になりました。
使うべき言葉、言い回し、文章が直接入ってくる感覚が持てるようになって。
自習も実践をイメージできるようなインプットに変わった。
アメリカに行ってチームメイトと話す時こんな感じなんやろうなって。
何より英語の勉強が嫌じゃなくなったんです。

Q: HITGLISHの良いところを教えてください。

まず先生が固定で変わらないのが良いです。
毎回自己紹介で時間を取られる煩わしさがなく、性格の相性を気にする必要がないのが嬉しいです。
しかも僕の場合はアメフトしてるので、
先生が本場NCAA出身のアメフト選手なのは共通言語があってとても話が楽しい。
これまでは勉強していることが実践で使うのか不安でしたが、
今は習っていることが全て実践で使えるという確信を持って会話できています。
私はHITGLISH一期生なので、自分が成果を出して多くのアスリートに、
大きな壁だった英語もやればできるようになるというところを見せていきたいです。

小椋さんありがとうございました!
夢に向かってBIG HIT!